2017/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

 

イタリアのタンナー、La Perla Azzura 社。

今回新たな種類の革を入荷し、展開することになりました。

 

La Perla Azzura

1967年創業、1990年に現在の社名となる。

「イタリア植物タンニンなめし協会」発起人の1社。

アルゼンチン産限定の、ケブラチョという木の幹から抽出した植物タンニンでなめしを行う。
原皮は主にフランス産を使用。
カモフラージュ染めのEL VAQUEROと、 無染色レザーを主に展開。 

 

 

「EL Vanquero」

オイルが十分に含まれた質感、使い込むとエイジングが楽しめる素材。

迷彩シリーズで、Marrone(茶系) と Grigio(グレー系)の2色です。

 

場所はしっかりとしたショルダー部分、厚みは1.8〜2.0mmくらいです。

 

 

 

 

早速、どんな塩梅か小物(Wリングブレス)を作ってみました。

面積は狭いですが、迷彩の雰囲気・色目がきれいに出ているように思います。

 

 

 

 

 

実際に着用しても、きちんとした素材感・存在感でした。

 

当方の製品は仕上げでコテをかけることが多いのですが、今までの迷彩はフィルム式なのでコテがかけられませんでした。

熱ゴテをかけるとフィルムが溶けてしまい、いい表情にならないのです。

 

今回の革は、遠慮なくガンガンかけられるのが嬉しい。

革の縁がギュっと締まります。

 

 

小物類から始めて、合間でいろいろと作ってみたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

そして、もう1種類が同社の「Missouri」

 

革の端部分(ベリー)を使っているので、やや荒々しい表情が特長です。

こちらも1.8〜2.0mmと十分に厚みがあるので、いろんな場面で使えそう。

 

 

厚さを調整して薄くしても、質感がきちんと残ります。

オイルを十分に含み、エイジングが楽しめそうです。

 

このラフな質感で、きちんとしたきれいな財布なんて・・・ギャップがあって面白いですね。

「これを作ってみよう」と想像させてくれる革って、やっぱり素敵。

 

 

 

ご興味がおありの方、ぜひぜひお立ち寄りください。

恐らく、実物を見るとテンションが上がりますw

 

 

 

http://homepage2.nifty.com/kijim-earl/


 

先日UPした「イヤホンカバー」がかなり評判良かったので、

アレンジしてきちんと製品化しました。

 

先日の記事はこちら↓

http://leather-order.jugem.jp/?eid=643

 

 

 

ITEM NO :  R 33     ” Earphones & Key HOLDER  

 

Material:Maremma(伊)

Color:キャメル 他

Price:¥4800(税抜)

 

Size:W9/H4/D2cm

 

 

 

ガチャガチャ用途では簡易式で作りましたが、こちらは結構本格的な作りに。

ステッチをかけ、そして得意のコバ処理。

きちんと、外周には雰囲気を締めるコテもかけています。

 

 

 

ポイントとしては、画像で2種類載せていますが・・・

用途によって、金具の種類が選べます。

 

1)外付けの金具がくるっと回るリングを使っているので

  中に収まり、簡易式のキーケースとしても↓

 

 

 

 

2)そして、バチカンと言われる金具を留める革をつけ

  中には収めず、キーホルダーの用途として使っても↓

 (もちろん、その間のイヤホンもきっちり収まります)

 

 

 

 

ちょっと欲張りましたが、自分で使ってみたら「こうだったらいいよね」と

アレンジしてみました。

2種類あるので、お好みの用途でお選びください。

 

革部分、素材感があるイタリア産のマレンマ。

いい風合いに変化していきます。

もちろん、他の革での製作も可能です。

 

 

普段使い用のアイテム

軽装になりがちなこの時期に、ちょっと凝ってみませんか?

 

 

 

http://homepage2.nifty.com/kijim-earl/


 

さてさて、ご好評いただいておりますRガチャ

 

ちょっと趣向を変えて、新作を投入しました!

 

 

 

イヤホンケースです。

 

バネホックでパチンと留めることにより、すっきりとイヤホンがまとめられます。

以前、ミュージシャンの方から「こういうの作って欲しい」と

物販用に製作を依頼された時に、デザインしたものです。

 

ガチャに入っているものは吊り下げ金具はついていませんが、ハトメ穴が開いているので

お好きな革紐等で引っ掛けられます。

 

 

 

今回使用している革は、POMARI社の革。

 

表情があり、発色があり非常にしなやかです。

小物でワンポイント、時期的にもいいかと思います。

 

ぜひぜひ、お試しください。

 

 

 

 

http://homepage2.nifty.com/kijim-earl/


 

 

まだボヤッとしか書けないのと、↓の画像もモヤんとしてますが・・・

結構大掛かりな新規プロジェクト、始動しています。

 

8月くらい?には、きちんとした形で告知できるかと思います。

内容的には、◯◯◯◯◯を◯◯◯◯で作り

そして、◯◯◯で展開しつつ・・・

 

さっぱりわからないですねw

ぜひぜひお楽しみに!

 

 

 

 

 

http://www.lanico-insole.com/

http://homepage2.nifty.com/kijim-earl/


 

はい、お陰様でご好評いただいております「Shinya KIJIMA  dairy」

入荷後、即欠品となってしまっていた VネックTシャツが再入荷しました!

 

 

改めまして、詳細を↓

 

R-113 V neck  T–SHIRTs

 

Material:cotton 38・poly 38・layon 24%

Color:Black/H.Gray/White/S.Blue

Price:¥4800

 

Size:S(肩幅38.5/身幅44/着丈65cm)         

   M(肩幅40.5/身幅47/着丈67cm)

   L(肩幅42.0/身幅50/着丈69cm ※全て平置きにより計測

 

 

 

寸法を見るとやや小さめに感じるかも知れませんが、非常に伸び感のある素材です。

非常に肌によく馴染み、いいフィット感があるかと思います。

 

ちなみに、私はSサイズを愛用しています。(身長174〜5cm・体重6◯kgほど)

胸のロゴマークの刺繍の色をちょっと変えたり(グレーTにはシルバー、黒Tに白と金の2種・・・等)

ちょっとひねっています。

 

 

 

そして、今回はご要望の多かったブルー系の新色も追加です

 

 

画像で実際のお色目に近づけるのは非常に難しいですが、こういった感じのイメージです。

sampleの段階で、かなり評判の良かった色目になります。

胸の刺繍は、ネイビー系にて。

 

 

 

 

一番出るサイズのSサイズを、今回は特に多めに追加しました。

他、定番色の黒・白・グレーもSサイズは充実しています。 

 

 

1色ご購入なさって、他のお色も・・・というお客様が結構いらっしゃいます。

ご興味がおありの方、ちょうどいい季節ですし、ぜひぜひお試しください。

 

 

 

http://homepage2.nifty.com/kijim-earl/


 

 

さてさて、新素材の入荷です。

個人的には見た瞬間にグッときてしまいました↓

 

独 ペリンガー社「クリスペルカーフ」

 

 

ドイツのペリンガー社は、400年の歴史を持つ老舗タンナー。

他にも、ノブレッサ・ライニング・ドイツシュリンク・アニリンカーフ・・・とある中でも、最上級の素材です。

 

ポーランド原皮で、素材の特徴とすれば水シボ状に型押しがなされています。

 

 

色は、黒・濃茶・ネイビー・ブルー・トープ・・・の5色にて展開です。

当方では、特に黒とブルーに力を入れて展開したいと思っています。

 

 

ミシンをかけた時のキュッと素材が締まった感じとか、何ともいえない表情ですね。

値段的には通常より高くなりますが、違った質感をお求めの方にはオススメです。

 

 

 

そして、定番で扱っているクーズーに他の色も追加です。

 

 

(上から)

ビターチョコ(ベースが濃茶系)・ストーン(グレー系)・ガウチョ(ベージュ系)・・・の3色。

 

 

オイルを多く含んでいるので、伸ばした時のプルアップ感がすごいです。

素材的にも肉厚で、床面(裏側)は毛足が短くなだらか。

一般的に表面をなだらかに仕上げた革とは一線を画し、ラフ感のある仕上がりです。

 

 

 

南アフリカのクーズーという動物、聞いてもあまり想像がつかないかも知れません。

体長が190〜250cmほど

オスには、2回転半捻れたツノが生えています。

 

革部分はカバン等で利用され、ツノ部分は楽器等で有効利用されています。

 

  

                            (※ 画像はwikipediaよりお借りしました)

 

野生感あふれる荒々しい表情、素材感を楽しめます。

傷や虫喰い跡も、表面に残っているのが特徴的。

 

強度を求められるアイテムでも、遠慮なくガシガシ使えるのが個人的な感想でしょうか。

 

下画像は、愛用している工具入れ。

包丁やハンマー、目打ち等入れて、普段持ち歩いています↓

 

 

 

実際に触れてみると、また違った印象を受けるかも知れません。

ご興味がおありの方、ぜひぜひお立ち寄り下さい。

 

 

 

 

http://homepage2.nifty.com/kijim-earl/


 

・・・というのは特にはないですが、新しいミシンを導入したりの計画があるので

ここらで一気に作業場の改装をしました。

 

足元がゴチャゴチャしてるのは好きではないので、棚を作って整理整頓。

今までそこにあるのが当たり前だったものって、そこから退けると選択肢が広がるって改めて思いました。

 

 

↓ひたすら棚製作

 

 

 

お昼くらいから始めて、途中足りないものはホームセンターで補充して・・・

 

 

 

 

個人的には本当に満足。

 

もう少しで片付く感じですが、かなりガラッと。

そして、整理・掃除しやすくなりました。

 

 

 

 

上空あたりのスペースを有効利用。

テーマ通りに仕上がったので、本当に満足。

 

ちょこちょこ、またいじっていきたいと思います。

 

 

 

http://homepage2.nifty.com/kijim-earl/

 


 

4月入社・従業員の南が3ヶ月経ちました。

 

いろんな仕事をしつつ、あっという間だなとしみじみ。

人って、こうやって年をとっていくんですね(´Д` )

 

 

 

そんな訳で、試験を行いました。

 

今までの総復習。

そして、考える力を確認の作業。

試用期間を経ての試験ということになりますね。

 

お題には、引っ掛けもありつつ・・・

芯材を使う、材料はこれだけ、あとは革漉きで表現する的な。

 

 

↓これは見本で僕が作ったものを割ったもの。

時間制限ありだから、いかにして抜くところは抜く。

そして、気を遣うべきところに時間を遣う・・・というような。

 

 

 

なかなか、難しいね。

スムーズにはいかない。

頭に入っているようで、まだ腕が追いつかない。

 

でも、ハードル高めのものに真摯に向き合って進んでいる姿。

早くうまくなりたいと模索している様子。

個人的にはすごく嬉しく思います。

 

 

 

1回やり直したけど、2回目に成長が見られました。

 

ちゃんと自分の中に落とし込んで、少しずつ形にしている姿

本当に嬉しく思います。

 

 

 

 

とりあえず、7月になったので新しい制服を支給しました。

 

・・・合わせかたがなんかおかしいw

 

 

 

去年の生徒ということもあり、思っていることとかちゃんと伝わる。

コミュニケーションがきちんと取れてるのって有難いなって思う。

 

本当、いてくれて助かるんですよね。

明らかに、うちの今までの仕事の進め方とは違う。

仕事の受け方も変えるようにしました。

 

 

 

焦らず、おごらず、コツコツと・・・

力を合わせていい方向に進めるよう、共に努力をしていきたいと思います。

そして、皆様によりいいものをお届けできるよう心がけていきたいと思います。

 

 

私、そして従業員の南共々、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

http://homepage2.nifty.com/kijim-earl/


 

現在の商品の状況・仕様を変えるべく、sampleをバラさせて頂いた。

 

 

もっとこうだったらさらに履きやすく、そしてカッコよくなるよね

・・・と、新たなお仕事の取っ掛かりとしてすべてバラしました。

 

 

改めて見ると、靴ってパーツ数が多いですね。

作り手ではありますが、大変な作業なんだなって改めて思いました。

 

よその仕事を見ると、「こういう芯材を使ってるんだ」とか勉強になります。

 

 

  

 

 

・・・さ、どう修正・味付けしましょうか。

新たなる製作、ここからは腕の見せ所です。

 

 

 

http://homepage2.nifty.com/kijim-earl/


 

当方で定番のメガネケースがあります。

一番世に出る機会の多い商品、13年経った今でも少しずつマイナーチェンジしながら作っています。

 

ループ式のメガネケースで、うちが始まってから一番最初にデザインしたもの。

非常に思い入れがある商品です。

 

 

 

 

 

ITEM NO :  R 7     ” Glass CASE  

 

Material:Print Leather(伊)× Cowhide(伊)

Color:ーーー

Price:¥8000(税抜)

 

Size:M・L・XLサイズ

  (画像はLサイズ:W16.8/H5.6/D4cm

 

 

画像はSampleのものですが、大体の方が革の種類をオーダーなさって製作しています。

今まで作った数、もう千は軽く超えているんじゃないかしら。

 

 

 

 

そんな中、「たまには違った作りでメガネケース作りたいよね」と新たなデザインを試みました。

形的にはシンプルですけどね。

 

 

ITEM NO :  R 164     ” (Glass)CASE by CASE”

当方の”case by case”にマチをつけました。
一応メガネ収納になっていますが、他いろいろな用途で収納が可能です。
外縫いのマチ部分、他ブランドにない特殊な製法で仕立てています。



機能:メガネ収納・ホールドケース、メガネ拭き付
素材:ミネルバボックス(伊)
ホック:PRYM社製
寸法:w17.5(最大幅)× H 7× D 5cmほど

価格:¥6500-(税抜)

 

 

 

デザイン的にも、お客様よりご好評頂いております。

 

手に収まる感じ、素材の質感

日々の使い勝手、手軽に持って出掛けたり・・・

何より愛着のわく大きさにしています。

 

作業場にお立ち寄りの際には、ぜひ手にしてみて下さい。

 

 

 

http://homepage2.nifty.com/kijim-earl/