2017/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

 

HPには掲載していませんが、現在当工房では「プロ養成コース」を開講しています。

 

10期生まで無事に修了し、卒業生も40名を数えます。

当方の教室出身で、自営業で頑張っている生徒が30名近くになりました。


・自分でブランドを立ち上げたい
・すでにブランドをやっているが、スキルアップしたい・幅を広げたい
・まだ皮革加工をかじったばかりで、せっかくなので期間を決めて掘り下げたい    ・・・etc etc


 

今回は、平日・土曜日のコース(11・12期生)を若干名募集です。
スタートは新年明けてからを予定しています。


PM5〜9の4時間、月3回(時間帯は応相談とします)
期間は3ヶ月更新の半年で進めています。

1回の定員は4名まで

あくまで少人数にて、本当の意味での実力をつけて欲しい。
そういった意味で、完全につきっきりで作業を行います。




基本は、当方監修のテキストに沿って行います↓





プロコースの詳細について、ご紹介させて頂きます↓


よく聞く意見として・・・

「これから自営業でやっていきたいけど、どのように進めていいか分からない」
「実際にやってはいるけど、自分でやるには限界がある。力が足りない」
「せっかく皮革加工をやっているのだから、スキルアップを目指したい」
「自営で始めたとして、教室も開きたい」          ・・・etc etc

これら、全て取り入れてカリキュラムを作りました。




内容的には・・・

・革の種類/素材の特性
・包丁研ぎ/砥石・鋼の特性
・裁断/革漉き
・ミシン練習/アイテムによるミシンの種類の使い分け
・機械類のメンテナンス
・実際に販売していくための原価計算/値段の付け方
・色のセレクト/色展開の方法
・仕入れ先等、どこで素材等購入するのがいいものか
・実際に開業して、どのようにして収入を立てていくか。そしてその割合

 ・・・etc etc と、物作りで生計を立てるために必要なこと。
 包み隠さず全て話して・話し合っていきます。


・アイテム製作

 これは、通常の教室とは全く異なる方法にて。
 通常の教室だと、「作りたいものを作る」スタンスでやっています。

 一番初めに、6ヶ月間という期間(計18回)で何を作りたいか
 どのように進めていきたいか、生徒みんなで話し合って方向性を決めます。


 そして作るものに関しては、全員が同じものを作ります。

 素材は、当方で製品として使っている革
 イタリア・フランス・イギリス等、全てフリーで好きなだけ使って貰っています。
 「いい素材を知る、その上でいい素材を使い上質な製品を作り上げる」
 
 費用としては、材料代は一切掛かりません(金具等、細かいものも追加費用は不要です)

 
 今まで製作してきたものに関しては、別ページにてご紹介させて頂きます。
 


・型紙製作

 せっかく作ることが出来ても、型紙が分からない限り自分で進めることはできません。
 その型紙製作のノウハウ、これも教えています。
 そして、「公式に当てはめてきちんとした数値を出す」

 現在あるものからの型紙の採り方・・・etc



・商品の売り方、それに対しての考え方

 商品を作り出したとして、それが世に出なければ生活として成り立ちません。
 物作りで食べていくために、どのようにしていけばいいか

 方法・そういったノウハウ等、その辺のお話もきちんと責任を持って話します。



※ 費用は、6ヶ月/¥30万(3ヶ月毎の分納も可能)

決して安い金額ではありません。


一例として、今まで教室に通っていた生徒がプロコースに転科し、確実に技術が向上したのを見ています。
そもそもの意識も変わりました。

お金を掛けて、時間を掛けて、得ることができるもの。
これはその人の努力によって違ってきますが、教える側の責任もあると思っています。

全うした時に、「通って良かった」となるようにきちんと責任をもって教えています。


何より、私自身が自営で始めて苦労したこと。多々あります。
経験談も含めて、「こうした方がいい」という提案もしつつ・・・

物作りを始めて、オーダー製作に携わって14年。
これまで培ってきたこと、全て教えます。




生徒の通った感想も含めて、なかなかここでは書ききれません。

実際にどのように進めているのか、画像とあわせて別ページにてご紹介したいと思います。

 


comment