2017/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< >>

 

さてさて、最近特にご好評頂いている「adhesive bond   M-13」

 

五助屋レザーさんでもお取り扱い頂いております。

売れ行きが好調と聞いて、すごく嬉しく思います。(24時間以内に初回ロット全て完売)

http://gosuke.dokkoisho.com/

 

 

しかも、実験して頂いております。

非常にわかりやすい!↓

 

http://ameblo.jp/gosukeya/entry-12278622134.html

http://ameblo.jp/gosukeya/entry-12281133428.html?frm_src=thumb_module

 

 

 

 

今回、いろんな方にお使い頂き、もっと色々と使ってみたいという声に応えてみました。

 

1)現在、0.3kgのみの展開でしたが

  0.5kg・1.0kg サイズも発売となりました!

 

 

adhesive bond  M-13

 

0.3kg入り  ¥1400(税別)

0.5kg入り  ¥2200(税別)

1.0kg入り  ¥4200(税別)

 

 

 

そして、それに伴って・・・

お好みの粘度で使いたいという方に、薄め液も用意しました。

 

こちらも、通常の薄め液とは違います。

配合率を変えてみたりと、ちょっと工夫してみました。

私事ですが、化学が得意なんですw

 

 

adhesive bond  M-13  【  reducer  】

 

100ml  ¥350(税別)

250ml  ¥800(税別)

500ml  ¥1500(税別)

 

 

もちろん市販の薄め液でも構いませんが、相性を考えるとこちらのreducer はかなりオススメです。

店頭での販売・代引きにて発送

・・・と現在お受けしておりますので、お気軽に info@order-r.com までお申し付け下さい。

もちろん、五助屋さんでも購入が可能です。

 

 

よく頂く質問ですが、このボンド単品でも非常に強度を持っており

1液としてだけでなく、接着剤としての効果もぜひ期待してください。

 

どうぞ、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

http://order-r.com/

 

 

 

 

 


 

さてさて・・・

今回皆さまにご紹介したい、最近ハマっている素晴らしい商品がこちら!(通販形式)

 

 

 

BONDIC

 

この驚きの接着剤は100%防水・耐熱のツールです。

溶剤を使用しない液状の接着剤で、付属の専用UV LEDライトで硬化します。

 

Bondic®は、乾くと透明で永久的に接着します。何でも数秒で接着、組み立て、修復、穴埋めができます。

Bondic®は、プラスチック、木、金属、PVC、スチール、ゴム

配線、セラミック、フィギュア、ビニール、ケブラー、ポリプロピレン、皮革など様々なものに使えます。

(Bondic HPより引用)

 

 

http://bondic-japan.com/

 

 

 

知り合いから教えて貰って、「またまたー」と思いつつ

取り急ぎ、Amazonにて早速お試し購入。

 

 

 

やり方としては・・・

1)固定したい箇所に、ボンドを塗布する。

 

 この時点ではくっつかないので、瞬間接着剤のようにタイムリミットがないという利点。

 接着塗布部の先端が非常に細いため、細かい箇所もきちんと狙える。

 

 

 

2)ペン逆側のUVライトを4秒間ほど当てる。

 

 このシーン、どこかで見たことがあるな・・・と思っていたら

 「歯医者さんだ」ということに気づきました。

 逆に治療中、こうなっているのとかわかりませんでしたが。

 

 ライトを当てた後、少しだけ焼けた?匂いがしてきました。

 

 

 

3)きちんと硬化する

 

 最初はおそるおそるでしたが、触ってみると確かにきちんと固まってる!

 しかも、個人的に嬉しいのが透明なとこ。

 

 皮革加工でも、肝心な部分で瞬間接着剤はよく使うんです。

 ただ、うっかり少しはみ出ると白くなってしまう。

 これは透明なのでわかりにくいのと、あとからはみ出た部分・出っ張った部分は研磨できるということ。

 

 

 

内側に入り込んでいる部分はライトを当てるのが難しいですが、これはかなり目からウロコでした。

 

使い方によって、すごく使い勝手が良さそうです。

例えば、仮止めとかで使ってみても便利でした。

まだまだ用途は広がりそう・・・。

 

 

興味を持った方、ぜひぜひ試してみて下さいー!

 

 

 

info@order-r.com

 


 

さてさて、以前もblogにて書きましたが・・・

ここ最近、特にお問い合わせが多いので改めてのご紹介です。

 

 

Rオリジナルボンド 「adhesive bond   M-13」

全国の手作りをなさっている方に、非常にご好評頂いております。

 

オイル革の処遇に困っていたり、接着強度を上げたい方

結構いらっしゃるんだな・・・と実感しています。


今後、当方店頭だけでなく(ネット通販)

M-13のお取り扱い店舗も増える予定ですので、よりお求めやすくなります。


 

現在大きさは0.3kgで販売していますが、「大きいサイズでも欲しい」というご意見も多かったので

今後取り入れていきたいと思っております。

 

ご不明な点は、info@order-r.com まで、どうぞお気軽にお尋ねくださいませ。

 

 

 

以下、以前の記事を再掲載します↓

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 


ここ何年か研究を重ねて、某ボンドメーカーと開発したボンドが新たに発売となりました!

オーダーRのみの取り扱い、オリジナルボンドです。
とうとう、接着剤にまで手を出しましたw


用途とすれば、そのままでも接着することも可能。
どちらかというと、ニトリル系なので1液として使って頂くことになります。



   

・・・見るからに悪そうな印象ですねw
アパレルラインのロゴマークが目印となっています。

この手のボンドは揮発性が高く、1kgだとかなり多かったり、使い切る前に固まってしまったり・・・
その点を考慮し、使いやすい0.3kg缶でご用意致しました。




adhesive bond  M-13
0.3kg 入り  ¥1400(税別)






以下、改めての使い方です↓

オイル革の接着において、油分が接着の邪魔をする。
そんな経験はありませんか?


私が普段行っているのは・・・

1)M-13(品番)を薄く下地として塗布し
2)その上から接着を塗布(スリーダイン・Tーボンド等、接着用ボンド)
3)対象物同士を圧着
(※ 必要に応じ、1の工程の前に銀面をペーパー等でやする)


・・・することにより、接着力をかなり高めています。



店頭だけでなく、通販でのお届けも可能ですのでメールにてご連絡ください。

※通販の場合、ヤマトコレクトにて発送します。
商品代金+送料+代引手数料(¥1万未満は¥324)


宅急便コレクト 代金引換



通常の接着剤は比較的容易に手に入りますが、下地用としての接着剤はなかなか手に入りません。
もちろん下地用としてだけでなく、M-13自身も接着剤としての能力は高いように思います。

革の銀面に接着を塗布する際、銀面を削ったり・・・という加工が多く為されています。

ただ、オイル革の場合は削ってもオイル分が浸透しているので、きちんとした接着が困難だったり
うすく塗布して、接着皮膜を作る・接着するための下地を整えるイメージですね。


ぜひ一度、お試しください。
ご不明な点は、お気軽にお尋ね下さいませ。

宜しくお願い致します。

 



http://order-r.com/


 

 

 

 

Order-R とThee Old Circusのジュエリーライン ” OPERA ” とのコラボレートアイテムが出来上がりました。

 

アイテムとしては、ブレスとネックレス。

2017’ 6/1〜 

双方の店頭にて限定発売となります。

 

 

Thee Old Circus

http://garage-eden.ocnk.net/home

 

 

 

 

OPR-013   Old Name  「THIRTEEN」

 

 

"Order R" meets "THEE OLD CIRCUS" /  THEE "SESSION" ITEM

PICK & MARIA bracelet

 

Price:¥5,184(4,800)

 

Material:Brass

 

Color:Brush Gold

 

Size:One size(チェーン約25cmでニッパーやハサミで簡単にカットして調整して頂けます)

 

(Charm size):Picks  最大幅 10× たて 14mm× 厚 1〜1.5mm

        Maria  最大幅  9× たて 15mm× 厚 1mmほど

 

 

 

 

OPR-031   Old Name  「THIRTY - ONE」

 

 

"Order R" meets "THEE OLD CIRCUS" /  THEE "SESSION" ITEM

PICK & MARIA necklace

 

Price:¥6,264(5,800)

 

Material:Brass

 

Color:Brush Gold

 

Size:One size(チェーン約60cmでニッパーやハサミで簡単にカットして調整して頂けます)

 

(Charm size):Picks  最大幅 10× たて 14mm× 厚 1〜1.5mm

        Maria  最大幅  9× たて 15mm× 厚 1mmほど

 

 

 

カットが入った細めの2.5mmのボールチェーンに

Order-Rのオリジナルピック型トップと、ORERAのマリアチャームを組み合わせたネックレスとブレス。

さりげなく静かな主張を放ちます。

 

 

 

 Order-Rと、Thee Old Cicus ウラノ氏

ふたりの想いと魂を込めた一品

 

ぜひお手にとってみて下さい。

 

 

 

※ 通販もお受けしています。

 お代金振込確認後に、ヤマト宅急便・クリックポスト(全国一律¥164)にて発送か

 商品代引にて発送も可能です。

 

 詳しくは、info@order-r.com までお問合せください。

 

 

 

 

 

http://order-r.com/

 

 


 

今日たまたま、近所の古道具屋にて中古の工具を購入した。

 

昔の工具だったので非常に質がいいのと、まとめて買ったら安くして貰えたので

ついつい何点か。

でも、ミシンのメンテナンス用だったりと用途がありそうなものなので、個人的には満足。

 

 

 

クセなのか、気分的なものなのか、古道具に関してはまず最初に加工します。

少し削ったり・・・煮沸消毒したり

 

以前のブログでも書きましたが、サビを落としたりするのは定番で

今回も、お茶を使って黒サビを施しました。

 

この方法、結構持ちがいいので気に入っています。

 

http://leather-order.jugem.jp/?eid=506

 

 

 

 

 

全体的に浸るように、大きめのホーロー洗面器でじっくり煮込んでみました。

時々動かしながら、しばらく待つ・・・と

 

 

 

 

あらやっぱり、きれいに仕上がる訳ですよ。

黒々として塩梅がいい。

 

 

雰囲気いいなーと自己満足。

 

 

 

 

・・・でもね、やっぱり黒さでいうと

某抜型工房かわさき代表・川崎氏には敵いません。

 

 

・・・夜道、たまに見失いますw

 

 

 

 

追:レザーフェア後、珍しく集まりにちょっと参加してきました。

 この時期は、いろんな場所から仲間が集まって楽しい。

 

 

 

 

http://order-r.com/


 

 

 

 

いつもお世話になっている、というのもありつつ

大事な仲間のTHEE OLD CIRCUS ウラノ氏。

 

僕・従業員の南共々、すごくすごく刺激を受けてます。

 

 

キッカケとなったのは、香川の抜型工房かわさき代表・川崎氏(ナマコ兄さん)

近々、レザーフェアが開催されるので、濃い仲間たちで集合予定です。

 

 

http://tlf.jp/

 

 

 

メンズのミュールサンダルという、一風変わったアイテム。

無骨さと繊細さの融合

 

こういうサンダルがあってもいいんじゃない?っていう

ウラノ氏の遊び心が、作り手の気持ちをくすぐります。

 

 

 

商品の細かい紹介は、ウラノ氏の文が秀逸なのでお任せします↓

http://garageeden.blog.jp/archives/51717646.html

 

 

 

 

 

だいぶと暑くなってきた最近ですが、アイテム的にそろそろいい季節ですよ。

 

THEE OLD CIRCUSの白いシャツやブーツカットのパンツ

もちろん、相性いいということは言うまでもありません。

 

 

 

http://order-r.com/


 

 

最近、体調がようやくいい方向に向かっておりまして・・・

 

そうなると、気持ちの余裕が出てきたのか

以前からの欲が出てくる訳です。

 

 

・・・「ネコを飼いたい」

 

 

 

 

とにかく、アレルギー体質なんですよ。

検査をしても、かなりの反応数値が出てしまう。

喘息があることもあって、ずっと慎重に検討してきました。

 

アレルギー体質があって、飼ってる方も結構いらっしゃるんですよね。

「飼ったら平気になったよー」ってよく聞きます。

 

 

・・・でもね、どうしようもなくなったらどうするのか。

それを考えた時に、やっぱり眺めてるだけにしようって

この15年くらい考えてきたのです。

 

 

 

「でも」が続きますが、やっぱり触りたいんですよね。

一緒に生活してみたいんですよ。

 

こんな子たちと↓

 

 

 

 

さてさて、ネコ世間では発情期なのか

最近はよく夜道にネコたちが戯れているのをお見かけします。

 

 

・・・何か、絵面的に珍しいシーンw

 

前足乗っけてるではないですか!

別の子も「なんだなんだ」と寄ってきてるし。

 

 

 

こんな場面に出くわしたら、しばらく眺めてしまう。

 

多分そばにいたら仕事にならないw

・・・未だに、どうしようか検討中です。

 

 

 

 

ちなみに、ハリネズミも好きなんです。

アレルギー反応はなさそうだし、夜行性ってのも個人的にポイントが高い。

 

 

以前、従業員の南とハリネズミカフェ行った時も、すっかり心奪われっぱなしでした。

 

 

 

結論は未だ出ず

さてさて、どうしましょうかね?

 

 

・・・一番の理想形は、猫村さんにうちに来てもらうことです。

 

 

余談ですが、作者のほしよりこさんとは同じ歳です。

横浜DeNAベイスターズのラミレス監督とも同じ歳ですw

 

 

 

http://order-r.com/


 

 

突然ですが、立体成型・絞りって言葉は聞いたことありますか?

 

革をやっている人なら、「うんうん、わかりますよ」という方が多いかと思います。

革加工をされていない人なら、「何でしょう?」という方が多いかと思います。

 

 

ざっくりいうと・・・

「革を水等で湿らせてから、型にいれて押さえつける。

乾燥すると、その型の形が革に残ること」です。

 

専門学校等の授業でも、革の性質としてわかりやすいので

よく実演で「絞り」は見せます。

 

 

 

ちょっとお堅い言葉で説明すると・・・↓

 

 

物体に応力を与えたときに生じた変形が、その応力を取り除いてももどらない性質。

この性質は革の加工時における成型性と関係が強い。

革自体、比較的可塑性がいいが、クロムなめしの革よりも植物タンニンなめしの革が可塑性が良く

クロム鞣し後に植物タンニンで再鞣した革は、クロム革よりも良好である。

 

また、革に熱や水分を与えることにより大となるので、製靴工程や、カメラケース、革工芸の製作などに応用される。

革の試験法に半球状可塑性試験があり、JIS K 6546に規定されている。

                                 (JLIA 皮革用語辞典より引用)

 

 

 

言葉だけだとわかりにくいですよねw

 

最近、この手の仕事を受けることが多いのですが

画像でお見せすると・・・↓

 

 

1)まず型を用意。

 木や金型にて製作することが多いのですが、

 今回は鞄の底芯で使用する「ベルポーレン」にて仮の型を製作。

 

 

 

2)十分に濡らしてほぐした植物タンニンなめしの革を、型にのせ枠をはめ込む。

 その後、上下で圧を加えてしばらく放置。

 

 

 

3)乾燥してきたら、枠を外す。

 必要に応じて硬化剤を床面(革の裏面)に塗布し、再び絞る(型にいれ圧をかける)。

 

 

 

上画像は製品のサンプル用で作ったものですが、きちんと型がついたのがわかると思います。

こういった性質を利用している革製品、多く見かけますよね。

 

 

現在受けてるお仕事上、ここでは画像をUPできないのですが・・・

この絞りの技術、いろんなアイテムで生かしていきたいと考えています。

 

革素材の可能性、まだまだありそうです。

奥が深い。

 

 

 

http://order-r.com/


 

 

はい、ミシンマニアの私。

この度、新しい機種を導入しました。

 

以前、SEIKO TE-2Sは所有しておりましたが・・・

今回の機種は、「TD-2S」

 

 

ちなみに、TE-2はSEIKO社 随一の上下送りのミシン。

 

生産が終了していることもあり、世間では幻のミシンと言われております。

ちょいちょいオークションでは見かけますよね↓

 

 

 

今回導入したのは、その平台版です。

個人的にはほとんど見かけることがなかったので、かなりテンションが上がってしまいましたw

 

 

 

 

 

 

メンテナンス要でしたが、無事にセット完了。

なかなか調子良くて、これはずっと持っておきたいミシンとなりました。

 

 

 

 

ミシンって仕事において大事な道具ですが、ある意味資産と考えています。

「きちんと普段から使って、メンテナンスしていれば何かの時に売ることができる。」

 

 

これまでの、売っては買い・売っては買い・・・を繰り返してきました。

しっくりきたら残す。

なんとなくピタッとこなかったら、手放す。

 

そんなこんなで、今残っているミシンは計9台。

 

・SINGER 45K          ・JUKI DSU-144

・CIRDAR 18K TF-3    ・PFAFF 1293 下送り

・SEIKO 18K TF-1         ・PFAFF 493-765 上下車輪送り

・JUKI DDL-5530N                     

                 ・・・etc etc

 

 

今回仲間入りしたTD-2Sは、平台の特徴を活かして

カバンとかの裏地だったり生地用に使おうかと。

 

 

スペースさえあれば、もっとミシンを欲しいなとか、集めていきたいなとか思いつつ・・・

 

ただのコレクターではないので、ちゃんと用途で使い分けて、

1台1台愛着を持って接していきたいと思います。

 

 

 

http://order-r.com/


 

現在、TVCMで公開されておりますが、

子役の寺田心さん着用分の靴を製作させて頂きました。

 

 

 

そのCMとは、「デカビタC」!!

http://www.suntory.co.jp/softdrink/dekavita/

 

 

 

 

マリオの実写版ということで、今回キノピオ役を務めた寺田さん。

 

「爪先がちょっと反り返っているデザインで、

 それでいてきちんと撮影の動きに耐えうる履き心地も欲しい」

・・・という、結構難しいリクエストでした。

 

 

いろいろと考えた結果・・・

実際に足に馴染むサイドゴアブーツに、デザインを施したアッパー(甲革)を乗せる

という方法をとりました。

 

 

 

 

一見するとデザイン重視なんですが、ちゃんと足に馴染む優れモノです。

実際の撮影はスポーツシーンが多く、かなりハードだったようです。

 

強度も考慮し、箇所箇所手縫いにて補強&デザインを施しました。

 

 

 

 

 

現在、放送されている場面だとなかなか見にくいなw

・・・と思いつつ

 

よく見ると、シルエットが「あ、あれ僕が作ったやつやわ」という形。

そんなひっそりとした満足感も、個人的はアリだと思います。

 

 

 

もしCMを見かけた方、足元をよーーーーーーーく見てみてくださいね。

上記で貼ったリンク先の方が、わかりやすいかも知れません (´Д` )

 

 

 

 

http://order-r.com/