2017/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

 

今日たまたま、近所の古道具屋にて中古の工具を購入した。

 

昔の工具だったので非常に質がいいのと、まとめて買ったら安くして貰えたので

ついつい何点か。

でも、ミシンのメンテナンス用だったりと用途がありそうなものなので、個人的には満足。

 

 

 

クセなのか、気分的なものなのか、古道具に関してはまず最初に加工します。

少し削ったり・・・煮沸消毒したり

 

以前のブログでも書きましたが、サビを落としたりするのは定番で

今回も、お茶を使って黒サビを施しました。

 

この方法、結構持ちがいいので気に入っています。

 

http://leather-order.jugem.jp/?eid=506

 

 

 

 

 

全体的に浸るように、大きめのホーロー洗面器でじっくり煮込んでみました。

時々動かしながら、しばらく待つ・・・と

 

 

 

 

あらやっぱり、きれいに仕上がる訳ですよ。

黒々として塩梅がいい。

 

 

雰囲気いいなーと自己満足。

 

 

 

 

・・・でもね、やっぱり黒さでいうと

某抜型工房かわさき代表・川崎氏には敵いません。

 

 

・・・夜道、たまに見失いますw

 

 

 

 

追:レザーフェア後、珍しく集まりにちょっと参加してきました。

 この時期は、いろんな場所から仲間が集まって楽しい。

 

 

 

 

http://order-r.com/


 

 

 

 

いつもお世話になっている、というのもありつつ

大事な仲間のTHEE OLD CIRCUS ウラノ氏。

 

僕・従業員の南共々、すごくすごく刺激を受けてます。

 

 

キッカケとなったのは、香川の抜型工房かわさき代表・川崎氏(ナマコ兄さん)

近々、レザーフェアが開催されるので、濃い仲間たちで集合予定です。

 

 

http://tlf.jp/

 

 

 

メンズのミュールサンダルという、一風変わったアイテム。

無骨さと繊細さの融合

 

こういうサンダルがあってもいいんじゃない?っていう

ウラノ氏の遊び心が、作り手の気持ちをくすぐります。

 

 

 

商品の細かい紹介は、ウラノ氏の文が秀逸なのでお任せします↓

http://garageeden.blog.jp/archives/51717646.html

 

 

 

 

 

だいぶと暑くなってきた最近ですが、アイテム的にそろそろいい季節ですよ。

 

THEE OLD CIRCUSの白いシャツやブーツカットのパンツ

もちろん、相性いいということは言うまでもありません。

 

 

 

http://order-r.com/


 

 

最近、体調がようやくいい方向に向かっておりまして・・・

 

そうなると、気持ちの余裕が出てきたのか

以前からの欲が出てくる訳です。

 

 

・・・「ネコを飼いたい」

 

 

 

 

とにかく、アレルギー体質なんですよ。

検査をしても、かなりの反応数値が出てしまう。

喘息があることもあって、ずっと慎重に検討してきました。

 

アレルギー体質があって、飼ってる方も結構いらっしゃるんですよね。

「飼ったら平気になったよー」ってよく聞きます。

 

 

・・・でもね、どうしようもなくなったらどうするのか。

それを考えた時に、やっぱり眺めてるだけにしようって

この15年くらい考えてきたのです。

 

 

 

「でも」が続きますが、やっぱり触りたいんですよね。

一緒に生活してみたいんですよ。

 

こんな子たちと↓

 

 

 

 

さてさて、ネコ世間では発情期なのか

最近はよく夜道にネコたちが戯れているのをお見かけします。

 

 

・・・何か、絵面的に珍しいシーンw

 

前足乗っけてるではないですか!

別の子も「なんだなんだ」と寄ってきてるし。

 

 

 

こんな場面に出くわしたら、しばらく眺めてしまう。

 

多分そばにいたら仕事にならないw

・・・未だに、どうしようか検討中です。

 

 

 

 

ちなみに、ハリネズミも好きなんです。

アレルギー反応はなさそうだし、夜行性ってのも個人的にポイントが高い。

 

 

以前、従業員の南とハリネズミカフェ行った時も、すっかり心奪われっぱなしでした。

 

 

 

結論は未だ出ず

さてさて、どうしましょうかね?

 

 

・・・一番の理想形は、猫村さんにうちに来てもらうことです。

 

 

余談ですが、作者のほしよりこさんとは同じ歳です。

横浜DeNAベイスターズのラミレス監督とも同じ歳ですw

 

 

 

http://order-r.com/


 

 

突然ですが、立体成型・絞りって言葉は聞いたことありますか?

 

革をやっている人なら、「うんうん、わかりますよ」という方が多いかと思います。

革加工をされていない人なら、「何でしょう?」という方が多いかと思います。

 

 

ざっくりいうと・・・

「革を水等で湿らせてから、型にいれて押さえつける。

乾燥すると、その型の形が革に残ること」です。

 

専門学校等の授業でも、革の性質としてわかりやすいので

よく実演で「絞り」は見せます。

 

 

 

ちょっとお堅い言葉で説明すると・・・↓

 

 

物体に応力を与えたときに生じた変形が、その応力を取り除いてももどらない性質。

この性質は革の加工時における成型性と関係が強い。

革自体、比較的可塑性がいいが、クロムなめしの革よりも植物タンニンなめしの革が可塑性が良く

クロム鞣し後に植物タンニンで再鞣した革は、クロム革よりも良好である。

 

また、革に熱や水分を与えることにより大となるので、製靴工程や、カメラケース、革工芸の製作などに応用される。

革の試験法に半球状可塑性試験があり、JIS K 6546に規定されている。

                                 (JLIA 皮革用語辞典より引用)

 

 

 

言葉だけだとわかりにくいですよねw

 

最近、この手の仕事を受けることが多いのですが

画像でお見せすると・・・↓

 

 

1)まず型を用意。

 木や金型にて製作することが多いのですが、

 今回は鞄の底芯で使用する「ベルポーレン」にて仮の型を製作。

 

 

 

2)十分に濡らしてほぐした植物タンニンなめしの革を、型にのせ枠をはめ込む。

 その後、上下で圧を加えてしばらく放置。

 

 

 

3)乾燥してきたら、枠を外す。

 必要に応じて硬化剤を床面(革の裏面)に塗布し、再び絞る(型にいれ圧をかける)。

 

 

 

上画像は製品のサンプル用で作ったものですが、きちんと型がついたのがわかると思います。

こういった性質を利用している革製品、多く見かけますよね。

 

 

現在受けてるお仕事上、ここでは画像をUPできないのですが・・・

この絞りの技術、いろんなアイテムで生かしていきたいと考えています。

 

革素材の可能性、まだまだありそうです。

奥が深い。

 

 

 

http://order-r.com/


 

 

はい、ミシンマニアの私。

この度、新しい機種を導入しました。

 

以前、SEIKO TE-2Sは所有しておりましたが・・・

今回の機種は、「TD-2S」

 

 

ちなみに、TE-2はSEIKO社 随一の上下送りのミシン。

 

生産が終了していることもあり、世間では幻のミシンと言われております。

ちょいちょいオークションでは見かけますよね↓

 

 

 

今回導入したのは、その平台版です。

個人的にはほとんど見かけることがなかったので、かなりテンションが上がってしまいましたw

 

 

 

 

 

 

メンテナンス要でしたが、無事にセット完了。

なかなか調子良くて、これはずっと持っておきたいミシンとなりました。

 

 

 

 

ミシンって仕事において大事な道具ですが、ある意味資産と考えています。

「きちんと普段から使って、メンテナンスしていれば何かの時に売ることができる。」

 

 

これまでの、売っては買い・売っては買い・・・を繰り返してきました。

しっくりきたら残す。

なんとなくピタッとこなかったら、手放す。

 

そんなこんなで、今残っているミシンは計9台。

 

・SINGER 45K          ・JUKI DSU-144

・CIRDAR 18K TF-3    ・PFAFF 1293 下送り

・SEIKO 18K TF-1         ・PFAFF 493-765 上下車輪送り

・JUKI DDL-5530N                     

                 ・・・etc etc

 

 

今回仲間入りしたTD-2Sは、平台の特徴を活かして

カバンとかの裏地だったり生地用に使おうかと。

 

 

スペースさえあれば、もっとミシンを欲しいなとか、集めていきたいなとか思いつつ・・・

 

ただのコレクターではないので、ちゃんと用途で使い分けて、

1台1台愛着を持って接していきたいと思います。

 

 

 

http://order-r.com/


 

現在、TVCMで公開されておりますが、

子役の寺田心さん着用分の靴を製作させて頂きました。

 

 

 

そのCMとは、「デカビタC」!!

http://www.suntory.co.jp/softdrink/dekavita/

 

 

 

 

マリオの実写版ということで、今回キノピオ役を務めた寺田さん。

 

「爪先がちょっと反り返っているデザインで、

 それでいてきちんと撮影の動きに耐えうる履き心地も欲しい」

・・・という、結構難しいリクエストでした。

 

 

いろいろと考えた結果・・・

実際に足に馴染むサイドゴアブーツに、デザインを施したアッパー(甲革)を乗せる

という方法をとりました。

 

 

 

 

一見するとデザイン重視なんですが、ちゃんと足に馴染む優れモノです。

実際の撮影はスポーツシーンが多く、かなりハードだったようです。

 

強度も考慮し、箇所箇所手縫いにて補強&デザインを施しました。

 

 

 

 

 

現在、放送されている場面だとなかなか見にくいなw

・・・と思いつつ

 

よく見ると、シルエットが「あ、あれ僕が作ったやつやわ」という形。

そんなひっそりとした満足感も、個人的はアリだと思います。

 

 

 

もしCMを見かけた方、足元をよーーーーーーーく見てみてくださいね。

上記で貼ったリンク先の方が、わかりやすいかも知れません (´Д` )

 

 

 

 

http://order-r.com/

 


 

 

はい、大好きな文房具のお話です。

 

何かしら気になるものがあったら、ついつい手に取ってしまう・・・

完全に思うツボですねw

 

 

 

今回、セブンイレブンにて気になった一品がこちら↓

 

「 カスタマイズミニ蛍光ペン 」

 

 

https://loft.omni7.jp/detail/4573154976850

 

 

セブンイレブン、文房具類が結構充実しているんですよ・・・

両面テープを切ってもベタベタしないハサミが普通に売ってたり・・・

 

今回のこの蛍光ペンは、5色展開にて

ピンクとブルーは残念ながら売り切れていたため、この3色を購入しました。

 

1本 ¥98(税込)ナリ。

 

 

 

 

他にも水性ペンとかシリーズであって、ちょっとウキウキします。

つなげられるというメリットがあり・・・

 

早速、つなげてみました↓

 

 

・・・んと、使いにくいw

 

結構ね、つなげたところが外れるんですわ (´Д` )

 

 

 

でも、昔のロケットペンシルを彷彿とさせるこのデザイン。

アイデアとしては個人的に好きです。

 

とりあえず、バラバラに使いますw

つなげて保管したら、省スペースになるかしら?

 

 

 

 

http://order-r.com/


 

さてさて、久々の更新です。

 

ご好評頂いております店頭の「Rガチャ」に新作が入りました。

ピンバッジシリーズです。

 

 

 

 

直径37mmサイズのピンバッジ

様々な素材で製作しています。

 

リアルクロコ・リザード・バケッタレザー・帆布・・・etc etc

 

 

 

 

中にはサビ塗装を施したり、浮き出し加工(中に入っているものが表面に浮く)を施したものもあり

・・・と、結構凝っておりますw

 

楽しみながら、合間で従業員と作りました。

 

 

  

 

 

カプセル1個にバッジ2個入りです。

ぜひぜひ、ぶん回しちゃってください!

 

バッジのデザインはその日の気分で、ちょこちょこ変えていきます。

 

 

 

 

 

http://order-r.com/


 

 

 

以前募集の告知をしましたプロコース。

各曜日、あと1人のみで締め切りになりました。

 

http://leather-order.jugem.jp/?eid=660

 

 

現在募集中なのが、水曜日と土曜日の2チームです。

自営業でやっていきたい方、きちんと実をつけたい方・・・

作業を始めてみたけど、集中的に学びたいという方にもオススメしています。

 

詳細には書いておりませんが、「どんな状況でも問題なく接着するのためのボンド配合講座」

や「タンナー巡り」「型紙のデータ化」・・・etc etc

結構マニアックな活動もしています。

 

 

ご興味がある方、ぜひぜひ info@order-r.com までお問い合わせ下さい。

 

当方の仕事の都合でずれ込みましたが、スタートは3月の頭を予定しています。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

http://order-r.com/


 

はい、ちょこちょこ登場していましたが・・・

ようやく厄年が終了しました。

 

 

厄払いに行く時期はいつが正しいのか、厄年は正確にはいつまで?という話はよく上がります。

年の始まりを数え年の元旦の日とするか、節分とするかの違いによって

また、地方によって違い・・・と諸説あるようです。

 

1)お正月から節分までの間

2)元旦に行う

3)節分の日にあわせる

4)節分の前後一週間

5)誕生日を迎えてから    

 

・・・と、その地域地域によって習慣も違うようですね。

 

現在最も一般的なのは、お正月から節分にかけてが厄払いの時期とされています。 

どうしてここを区切りにするかのと言いますと、節分の時期がいわゆる旧正月に当たり

1年の区切りと考える場合もあるようです。(ピンスポ.com 記事引用)

 

 

 

はい、前振りが長くなりました。

 

香川県の陽ちゃん(略)が僕と全く同じ年。

「気分的に早く終わりてぇよな」とよく話していたのですが、

晴れて二人とも無事に終了。

 

 

・・・その頃に、プレゼントが届きました。

 

 

 

・・・天下w

 

 

LAMYのsafari。

彼自身も愛用しているそうで・・・

書きやすいので、僕も非常に好きです。

 

http://www.lamy.jp/safari.html

 

 

 

ちゃんと名前が入っているのと、うちのロゴのイメージカラーを選んでくれているところがさすが。

豪胆かつ繊細な某かわさきさんは、本当に大事な存在です。

 

ありがとう!

ガシガシ使うぜ!!

 

 

 

 

http://www.order-r.com/